閉じる

ワンコインでおいしい!東京の宅配弁当BEST3

東京の宅配弁当人気店を徹底比較 » こんなシーンにも!宅配弁当・配達弁当のおすすめ活用術 » 糖尿病・腎臓病患者向けのサービス

糖尿病・腎臓病患者向けのサービス

糖尿病とは

糖尿病は血糖値が高い状態のことを言います。通常、血糖値は体内ホルモンの1つであるインスリンによって値が減少して一定の範囲内に保たれますが、糖尿病患者はインスリンの分泌が少なかったり、作られなかったりする場合が多いです。

糖尿病を治療せずに放置すると、多尿・口渇・体重の減少・疲れを感じやすくなるといった症状が出てきます。また、糖尿病性腎症などの合併症を引き起こす可能性もあり、治療の基本は日々の生活習慣を改善することと言われています。

食事制限について

糖尿病を改善するための制限食は、考え方が1つではありません。大きく分けても以下の3通りが提言されています。

  • カロリー制限食
  • 炭水化物制限食
  • 地中海食


参考:国立循環器研究センター循環器病情報サービス「糖尿病の食)」

カロリー制限食

従来から病院などでも利用されている食事制限です。以下の配分でバランス良くカロリーを摂取する方法で、食後はインスリンや薬を投与することで血糖値をコントロールします。

炭水化物 55~60%
たんぱく質 15~20%
脂質 20~25%

炭水化物制限食

ご飯・うどん・パンなどの炭水化物を極力摂らず、脂質やタンパク質といったその他の栄養素のみを日々の食事から摂取する方法です。食後の薬の量なども減らすことができるため、導入するクリニックも増えています。

地中海食

「低インスリンダイエット」や「低GI食」と呼ばれることもあります。主にGI値が低いパスタを食べることで、糖尿病を改善する方法です。炭水化物制限食ではつらいという人のために、補う形で利用されることもあります。

宅配弁当が選ばれる理由

宅配弁当を利用するメリットとして、食事のおいしさや日々の手間を省くのが思い浮かびますが、健康的な食事を取るためにも効果的です。弁当ごとにカロリーが表記されていることも今では一般的です。

また、宅配弁当のほとんどは栄養管理士などのプロが監修しているため、 カロリーコントロールに加えて栄養バランスも計算されて作られています。糖尿病や腎臓病といった食事制限が必要な場合にも、宅配弁当は有効に活用することができます。

糖尿病患者向け

糖尿病を改善するための食事は、カロリーや栄養、食べて良い食材などが限定されるため、毎日作るとなると非常に手間がかかります。そこで、宅配弁当を利用することで、料理作りの時間を大幅に削減することが可能です。

業者によっては糖尿病患者向けや健康志向の弁当も多数販売されているため、意外と選択肢が広いことも特徴です。また、プロが作る弁当を見ておくと、のちのち自分で作る時の参考にすることも可能です。

実際の食材について

宅配弁当はカロリー制限食として用意されていることが多いです。一汁三菜が基準となっており、食材としては、魚介類・脂肪が少ない部位の肉・豆類・キノコ類・オリーブオイルなどが多く使われています。また、米は玄米や全粒粉小麦に変更され、少ないカロリーで満腹感を得られるような料理が多いです。