閉じる

日替わり弁当の安さで選ぶ!
東京23区対応の宅配弁当
業者3選
2023年6月16日時点のGoogle検索にて「宅配弁当 東京 業者」で調べて表示された上位30社のうち、23区を宅配エリアとしている旨を公式HPで確認できた会社は5社でした。その5社のうち、公式サイト内に掲載されていた日替わり弁当の最低価格が安い順に上位3社を取り上げ、ランキング形式で紹介しています(調査時期:2023年6月16日時点公式サイトの情報に基づいた独自調査)。

※「23区を宅配エリアとしている会社」の中には「東京全域」を対応エリアとしている会社も含めています。
※ここで取り上げている「日替わり弁当の最低価格」とは、あくまでも各社の公式サイトで確認できた日替わり弁当の最低価格です。日替わり弁当の価格は、選択するコースやメニュー内容、配送エリア等によって変動する可能性がありますので、あくまでも目安となります。実際に依頼する内容に応じた価格については各社へ直接ご確認いただけますと幸いです。

東京の宅配弁当人気店を徹底比較 » こんなシーンにも!宅配弁当・配達弁当のおすすめ活用術 » 高齢者が宅配弁当を利用するメリットは?

公開日:|更新日:

高齢者が宅配弁当を利用するメリットは?

ご年配の方にこそ利用していただきたい宅配弁当。上手に使って健康に長生きしましょう。

宅配弁当のニーズが高まっている

超高齢化時代を迎え、高齢者の在宅介護が推進されています。介護する人される人、双方の負担なく食事を行える仕組みとして、いま宅配弁当が注目の的。もちろん、介護の必要のない方にも、おいしいお弁当利用はご長寿ライフを楽しむ上で便利なこと間違いなし。

宅配弁当のメリット

買い物に行かなくて良い

買い物に行くのも人生の楽しみの一つ、でも、年を取れば体調が思わしくない日もあります。悪天候の中を出かけるのは危険な時も。まして介護状態のとき、介護者には負担となります。食事が宅配されれば助かりますね。

栄養バランスが優れている

年を取ると自分の食事を作るのも面倒になって、つい手抜き。すると栄養不足でさらに体力がなくなり、ますます作らなくなる、食べなくなる・・・そんな悪循環を断ち切ってくれるのが、副食の種類も豊富で栄養が摂れるお弁当。最近では管理栄養士や専任の調理師が監修しているものが多く、栄養バランスも安心です。また、要介護者の場合、必要な栄養素を計算して食事を用意することは、介護者の負担を大きくします。特に家庭内介護の場合は難しい問題に。宅配弁当を利用することで、このような負担も大幅に軽減します。

異常に気付いてもらえる

1人暮らしの高齢者であれば、宅配担当者によって間接的に「見守り」される安心感も。実際に、お弁当の宅配業者によって室内で熱中症で倒れた高齢者が発見された、認知症がわかって保護された、という事例があります。

どんな業者に頼むと良いか

幅広いエリアに配達できる

高齢者のお住まいは都市部とは限りません。そのエリアに配達してくれる業者をまず探しましょう。

弁当の種類が豊富

高齢者の場合、健康上の理由から普通のお弁当が食べられない場合もあります。介護食や減塩食などにも対応してくれる、お弁当の種類が豊富な業者を選びましょう。また、継続して宅配を依頼すると週単位などで栄養バランスを考えてくれますが、その中でバリエーションがないと食欲も落ちてしまいがち。おいしく楽しく食べるためにはメニューのバラエティにも注意したいですね。

希望する保存状態で宅配される

高齢者用のお弁当には、よくある「常温」タイプのほかに「冷蔵」「冷凍」「レトルト」もあります。冷蔵冷凍、レトルトは、しばらく保存できるメリットはあるけれど、食事の際に最低限の調理、お湯を沸かす、温めるといったことが必要。高齢者によっては、そのような作業もできない、あるいは危険、といった場合もあります。ご本人やお世話する人の利便性から頼みたいお弁当の保存状態を考えて、それをかなえてくれる業者に依頼しましょう。

宅配弁当サービスが高齢者を救う

お弁当の宅配は、高齢者の栄養状態をよくして本人や介護者の負担を減らすだけでなく、「高齢者と社会をつなぐ」役割も担っています。これからの社会になくてはならないサービスの一つとして、上手に利用していきたいですね。

関連ページ

法人・団体向け宅配弁当のお店カタログ【東京編】

こんなシーンにも!宅配弁当・配達弁当のおすすめ活用術
法事・法要の弁当選びで知っておきたいこと
大人数の宅配弁当をまとめて注文するときのコツとは
就活における食事面接とは?宅配弁当ならメリットもたくさん
宅配弁当ってどうやって注文するの?注文時の流れとコツ
当日でも注文可能
糖尿病・腎臓病患者向けのサービス
妊娠中、産後に宅配弁当を利用するメリットは?
福利厚生で宅配弁当を取り入れるメリットとは?
メニュー比較ランキングTOP5